dmenuスポーツ

J1 第29節

11月25日(水) 19:00 Kick off

1 - 4

鹿島

試合終了

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

エヴェラウドはチーム最多7本のシュートを放つも、ゴールを奪うことが出来なかった。写真:田中研治


[J1第29節]鹿島1-4柏/11月25日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 4.5
今季初の4失点。前がかりになった背後のスペースを次々に使われ、傷口を広げた。先制されながらもいったん追いつき、さらに「逆転せねば」という、はやる気持ちが裏目に出てしまったか。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 5
CKからの“ピンボールシュート”に加え、残り15分間でカウンター3発を浴び、よもやのサンドバッグ状態に厳しい表情を浮かべた。
 
DF
37 小泉 慶 5(62分OUT)
「自分がしっかりクリアしておけば、先制点につながるCKはなかった。そこはすごく反省している」と悔やんだ。
 
39 犬飼智也 5
“怪人FW”オルンガにしてやられた。75分、巧みなドリブルに対応しきれず、ニアサイドを撃ち抜かれ、ピッチに突っ伏した。
 
3 奈良竜樹 5
前半はCBの相方と連携しつつ、相手の得点源をうまく抑えていたが、前のめりになった後半はスペースを与えすぎた。
 
16 山本脩斗 6
12キロを優に超える総走行距離はチーム1。逆サイドからのクロスに対してゴール前に走り込み、決定機を演出するも残念ながら結実せず。
 
MF
7 ファン・アラーノ 6.5(62分OUT)
ゴールライン際からの強めの折り返しがGKの後逸を誘い、一旦は同点に。運動量が多くチームに活力をもたらしていただけに早い交代に疑問符がつく。
 
20 三竿健斗 5.5(80分OUT)
持ち味であるボール奪取に注力していたが、“ここぞ”というところで奪いきれず、手痛い代償を支払わされた。
 
4 レオ・シルバ 6(80分OUT)
56分に左サイドから内側に入り、シュート気味のインスイングクロスで同点のきっかけを作った。
 
9 エヴェラウド 5.5
ゴールへの貪欲な姿勢はこの日も変わらない。チーム最多の7本のシュートを放つも最後までネットを揺らすことができなかった。
MF
8 土居聖真 6
セカンドトップながら、まるでボランチのごとく幅広くカバー。攻守に献身的なプレーが際立っていた。
 
FW
36 上田綺世 5.5(62分OUT)
守備に人数を割く相手に対し、攻撃に有効なスペースを見つけられず、苦慮。得意のヘッドも鳴りを潜めた。
 
交代出場
DF
22 広瀬陸斗 6(62分IN)
右サイドの攻撃を活性化するために投入。相手が嫌がるようなクロスを何度か供給していたものの、今ひとつ決め手を欠く。
 
MF
25 遠藤 康 5.5(62分IN)
1-2に突き放された5分後、右クロスの折り返しから好機到来もゴールの枠を外れ、天を仰ぐ。
 
FW
15 伊藤 翔 5.5(62分IN)
ボールを受けるエリアやその後の展開など、ベテランならではの味わいを醸し、そつがない。欲しいのはやはり目に見える結果だろう。
 
MF
6 永木亮太 ―(80分IN)
交代出場から2失点を喫すなど、カウンターに対するリスクヘッジが思うようにいかなかった。
 
30 名古新太郎 ―(80分IN)
ゲームの流れにうまく乗れず、バタバタした感が強い。何か痕跡を残そうとするあまり空回りしたか。

監督
ザーゴ 4.5
3枚同時交代や2ボランチの一気替えなど、大胆な采配で勝負に出たが、かえってバランスを崩す要因になっていたのでは?

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
柏 7
「守備ブロックを整え、そこからのカウンターに勝機を見出す」という割り切ったゲームプランの下、想定以上の会心の勝利を喜んだ。
 
【柏|採点・寸評】
GK
17 キム・スンギュ 6
集中力を切らさぬよう、最後尾から声をからした。1失点は喫したものの、全体的に大きなほころびを見せなかった。
 
DF
25 大南拓磨 6
前半はマッチアップする機会が多かったパワフルなFWエヴェラウドに手こずるも、後半は冷静に対処。ロングフィードによってチーム3点目に絡んだ。
 
50 山下達也 6
相手にボールを保持される時間が長かったものの、3バックのセンターに入り、両脇の若手DFに気を配りつつ、守備陣をまとめた。
 
4 古賀太陽 6
ボールの位置や状況によってきめ細かくポジションを修正し、危険なスペースを与えなかった。不用意なファウルもせず、我慢強く対応した。
 
MF
13 北爪健吾 6.5(90+5分OUT)
クリスティアーノからリリースされた左CKを思いきりよくボレーで合わせ、貴重な先制点をマーク!試合の主導権を握った。
 
8 ヒシャルジソン 6
こぼれ球に対する反応がよく、奪った後の散らしも丁寧だった。この日のゲームプランを遂行するうえで、重要な任務を果たした。
 
27 三原雅俊 6
少し慌ててしまい、もったいないミスパスが続いたときもあったが、試合の全体像を描きながら抜かりなくプレーした。
 
18 瀬川祐輔 6(58分OUT)
左サイドで高い位置をとり、攻撃的な姿勢を見せ続けた。35分にフリーでシュートしながらも相手GKに難なくキャッチされ、頭をかいた。
MF
9 クリスティアーノ 7
83分にカウンターから豪快なダメ押しゴールを決め、「素晴らしいシュート。ジャストミートだった」と笑みがこぼれた。
 
10 江坂 任 6.5(85分OUT)
自身の得点はなかったが、相手DF陣を大いに慌てさせる高速カウンターの中継地点としてチームの勝利に一役買った。
 
FW
MAN OF THE MATCH
14 オルンガ 7
右スペースでボールを受けると、細かいタッチで相手DFを手玉にとり、利き足の左足を鋭く振り抜いた。決勝点を叩き込み、“違い”を見せつけた。
 
交代出場
MF
33 仲間隼斗 6(58分IN)
左サイドを駆け上がり、逆からのアーリークロスを大外で受け、ゴール前の江坂にマイナスクロスを供給。得点チャンスを作った。
 
MF
39 神谷優太 6(85分IN)
交代出場から6分後、左スペースに抜け出し、ドリブル開始。相手の間合いが甘いとみるや、クールにねらい、チーム4点目をゲットした。
 
DF
6 高橋峻希 ―(90+5分IN)
終了間際の相手CKの直前にピッチに入り、ニアスペースに立った。CKを味方がクリアした時点でタイムアップ。
 
監督
ネルシーニョ 6,5
従来のシステムではなく、実質的に5-4-1に立ち位置を変え、とことん勝負に徹した。その采配が見事に功を奏す。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

アプリアイコン

Jリーグ各クラブの最新情報はアプリで!

競技一覧
トップへ戻る