dmenuスポーツ

J1 第34節

12月19日(土) 14:00 Kick off

0 - 2

G大阪

試合終了

清水

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】G大阪=なし 清水=なし<br />
【退場】G大阪=なし 清水=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】立田悠悟(清水)


[J1リーグ34節]G大阪0-2清水/12月19日(土)/パナスタ

【チーム採点・寸評】
G大阪 5
前節に2位を確定させ、決して気を抜いたわけではない。ただ下位相手に攻守で完敗し、ホーム最終節を飾れず。

【G大阪|採点・寸評】 
GK
1 東口順昭 6.5
2失点は喫したが、後半早々の決定機を連続でビッグセーブ。失点は防ぎようがないものだった。

DF
27 髙尾 瑠 5.5
立ち上がりから攻撃への意識が高く、積極的に攻め上がるも、連戦の疲労か後半は守備でも苦しい対応強いられた。

5 三浦弦太 5
古巣相手に気持ちを見せたが、クリアが小さく、相手に拾われて攻められることも。押し込まれる展開で統率できず。
 
19 キム・ヨングォン 6
試合勘の問題か、前半はらしくないキックミスがあったが徐々に持ち直し、守備では大崩れがなかった。

4 藤春廣輝 5.5(53分OUT)
攻め上がる意識は高かったが足元で受けた後のクロス精度が低い。交代は疲労を考慮してのものと思われる。

MF
14 福田湧矢 5.5
右サイドハーフでは高尾や塚元とうまく絡みながら、相手を押し込んだ。左SBに移行後は、守勢に回ることも多く、持ち味出せず。

26 奥野耕平 5.5(53分OUT)
山本が気持ちよくプレーできるように黒子に徹する。ただ、もう少し組み立てに絡んだり、飛び出したりと攻撃でも貢献したい。
 
MF
10 倉田 秋 5(81分OUT)
両チーム最多タイのシュート3本を放ち、ゴール前に顔を出す意識は高かったが疲労の影響か、いつものキレを欠いた。

29 山本悠樹 6(81分OUT)
パスミスもあったが、存在感は際立った。遠藤を思わせる、相手にとっての嫌なパスも繰り出したが決定的には崩しきれず。

FW
18 パトリック 5
立田にほぼ完封されシュートゼロ。ポストプレーもミスがあり、起点になれなかったが中2日で疲れていた。

30 塚元 大 5.5(61分OUT)
待望のJ1初先発で、前半はやや下がり目のポジションでボールを運ぶ持ち味も出した。もっとシュートを積極的に打ちたい。
 
交代出場
MF
21 矢島慎也 5(53分IN)
追いかける展開で、縦パスでスイッチを入れたい狙いは見えた。しかし、痛恨のミスが金子に渡り、致命的な2点目の原因に。

FW
39 渡邉千真 5(53分IN)
起点となる意識は見せたがシュート1本で流れを変えきれず。危ないパスミスからカウンターを招いた場面も減点。

MF
34 川﨑修平 5.5(61分IN)
試合に入りきれず、劣勢の展開で持ち味出ず。中村の投入後、ボールに触る機会が増えたが目覚めが遅かった。

MF
45 中村仁郎 ―(81分IN)
まだ2種登録ながら堂安以来となる高校2年生でのトップデビュー。トップ下で攻撃を活性化し、技も見せた。

FW
38 唐山翔自 ―(81分IN)
中村と同時投入も、本職でないサイドハーフでプレー。ヘディングシュートを1本放ったが力弱く、怖さはなかった。

監督
宮本恒靖 5
天皇杯に向けて攻撃面でチャレンジしたかった気持ちは分かる。ただ交代策がはまらず、機能したのは中村の交代のみ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
清水 7
リーグワースト失点の守備が見違える出来。全員が気持ちの入ったプレーを見せ、2位チームを完封し、最下位脱出。

【清水|採点・寸評】 
GK
39 大久保択生 6
危ういプレーでピンチを招くこともあったが、G大阪の拙攻にも救われて無失点でしのいだ。

DF 
18 エウシーニョ 6.5
先制点はエウシーニョらしいパスを通した。守備でもサボらず、後半は攻守両面で貢献度大。

4 吉本一謙 7(71分OUT)
先発起用で、最後の勇姿を見せた。老獪なラインコントロールで立田との息も合っていて、無失点での勝利に寄与した。
 
MAN OF THE MATCH
2 立田悠悟 7
奥井のサイドが攻め込まれたが、左サイドの守りを手広くこなし、パトリックにもほぼ仕事をさせず。存在感が際立った。

21 奥井 諒 5.5(83分OUT)
前半積極的な攻めから枠内シュートも放つが、押し込まれる時間帯に不用意なミスでピンチも招き、途中交代に。

MF
16 西澤健太 6
前半はサイドで効果的な攻めに絡めなかったが後半、ゴール前に顔を出す場面が増え、惜しい場面も作った

17 河井陽介 6(61分OUT)
パトリックに後手を踏む場面もあったが、献身的に中盤を駆け回り、前半はカウンターのスイッチも入れた。
 
MF
6 竹内 涼 6.5
中盤の底で攻守両面に存在感を見せた。丁寧にボールをつなぎながら、リスクのないプレーで安定した。

30 金子翔太 6.5
前半は気持ちは見せたものの、敵陣深くでプレーの精度を欠いた。後半は見違える動きで決定的な2点目をゲット。

FW
14 後藤優介 6.5(83分OUT)
攻守で献身的だった前半は攻撃にかかった時の質が低かったが、後半は川本とともに鋭い攻めを見せ東口を手こずらせる。

33 川本梨誉 7
初先発で見事に起用に応える。貴重な先制点はもちろんだが、両チーム最多の12,3キロの走行量が守備の献身を物語る。
 
交代出場
MF
7 六平光成 6.5(61分IN)
当初はボランチで投入されたが吉本の交代後はCBで無難にプレー。セーフティにやれることを確実にこなした。

MF
28 西村恭史 6(71分IN)
2点差で勝ち切るべく中盤の強度を高める役割を担ったが、セットプレーなどでも競り負けず、個の強さを見せた。

DF
15 金井貢史 -(83分IN)
守備に不安がある奥井に代わって守備固めで起用される。試合の入りもスムーズで大きなミスはなかった。

FW
37 鈴木唯人 -(83分IN)
点を取りに行くというよりは、前線からのチェイスで守備陣の負担を減らす役割だったがアグレッシブに前から追った。

監督
平岡宏章 7
苦しい台所事情の中、攻守で意外な選手起用を見せ、見事に機能させた。選手交代も的確で、見事に勝ち切った。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

ドコモユーザーなら月額980円 ライブスポーツならDAZNで 初回31日間 無料
競技一覧
トップへ戻る