dmenuスポーツ

J1 第34節

12月19日(土) 14:00 Kick off

2 - 2

鳥栖

試合終了

大分

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】鳥栖=なし 大分=野村(83分)、伊佐(86分)<br />
【退場】鳥栖=なし 大分=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】中野伸哉(鳥栖)


[J1リーグ34節]鳥栖2-2大分/12月19日(土)/駅前不動産スタジアム

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
小屋松のおしゃれヒールと林のゴールで追いつくも、またもや勝ち切れずに今季15回目のドローとなった。

【鳥栖|採点・寸評】 
GK
40 朴 一圭 5.5
最終ラインの裏をケアし、好セーブも見せるなどいつもの秀逸な動き。2失点は仕方なしか。

DF
28 森下龍矢 5(87分OUT)
動き自体は悪くなかったが、2失点目に絡んでしまった。その後も彼らしくないプレーが見えた。

2 原 輝綺 5.5
多くの場面で安定して守っていたが、後半クリアミスしてあわや失点という場面もあった。

3 エドゥアルド 5.5
守備の安定感はいつも通り。ただ、自信を持っているパスでミスをする場面もあった。
 
MF
30 樋口雄太 5.5
相手の間でボールを受けるまでは良かったが、そこからチャンスにつなげることができずに終わった。

4 原川 力 5
93分、セットプレーからの流れでシュートを放つも右に外れる。ボールに多く触れるも好機を作れず。

41 松岡大起 5.5(90+1分OUT)
ピンチの場面で身体を張ってブロックするなど守備で力を発揮。惜しいミドルシュートも見せたが得点ならず。
 
MF
MAN OF THE MATCH
47 中野伸哉 6.5
好クロスから小屋松と林のゴールを導く。相手のクロスにもゴール前でクリアするなど、攻守に渡って躍動した。

FW
7 金森健志 4.5(HT OUT)
3分の決定機では、シュートを置きにいくも大きく枠を外す。その後も動きが悪く、前半のみで交代も仕方なし。

20 レンゾ・ロペス 5.5
後半はボールをしっかりと収めてポストとしての役割を果たしたが、前半は影が薄かった。

22 小屋松知哉 6(90+1分OUT)
チャンスでシュートを選択しないプレーが目立ったものの、中野のクロスをおしゃれヒールで流し込みゴールを奪った。
 
交代出場
FW
16 林 大地 6(HT IN)
鈴木に競り勝っての同点ゴールは見事。84分にもシュートを放ったがこれは惜しくも相手に阻まれた。

MF
46 相良竜之介 ―(87分IN)
サイドからチャンスを作ろうと動き回るも、思うようにプレーをさせてもらえなかった。

DF
8 岩下敬輔 ―(90+1分IN)
ゴール前でパスカットしてピンチの芽を摘むなど、現役ラストマッチで存在感を示した。

DF
13 小林祐三 ―(90+1分IN)
岩下と同じタイミングでピッチに登場。短い時間ながらキャプテンとして君臨し、試合後のスピーチも印象的だった。

監督
金 明輝 6
投入した林がゴールを挙げ、交代策が的中。ただ、勝ち切れなかったところが今季を象徴していた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
大分 6
5節以来となる渡のゴールや、町田のJ1初ゴールでリードしたものの、最後まで守り切ることができなかった。

【大分|採点・寸評】
GK
22 ムン・キョンゴン 5.5
2ゴールを許してしまったが、好セーブでチームを助ける場面もあり。フィードも悪くなかった。

DF
3 三竿雄斗 5.5
守備での役割を果たしながら、攻撃でも21分にCKから町田のボレーシュートを演出。ただ2失点は悔やまれる。

5 鈴木義宜 5
最終ラインをコントロールしつつ、1対1の場面でも強さを発揮。しかし林を押さえ切れなかった。

15 小出悠太 5(61分OUT)
前半終了間際に渡へのピンポイントクロスを送る。ただ、それ以外に攻撃の貢献が低く、松本と交代となった。

49 羽田健人 5.5(87分OUT)
身体を張って守ろうとしていたが、小屋松にゴールを許すなど対応に苦慮していた。

 
MF
6 小林裕紀 5.5
2試合ぶりの先発で攻撃時には最終ラインに落ちてビルドアップに参加する。求められる仕事はこなした。

11 田中達也 5.5(87分OUT)
彼のスローインから渡の先制点が生まれる。持ち味のスピードを発揮してチャンスメイクをしようとしたが不発に終わった。

40 長谷川雄志 5.5
中盤のバランスを保ちながらプレーするも、原川と松岡にもう少し制限をかけたかった。
 
MF
8 町田也真人 6
31歳の誕生日に見事なJ1初ゴールで鳥栖を突き放す。そのほかのチャンスを決めていればMOMだった。

FW
9 知念 慶 5.5(78分OUT)
立ち上がりは押されて守備に回る。39分、スルーパスに抜け出しシュートを放つも、枠を捉えられず。

16 渡 大生 6(61分OUT)
鋭い動きで先制点をマーク。その後も小出のクロスに飛び込むなど鳥栖の脅威となった。
 
交代出場
MF
7 松本 怜 6(61分IN)
サイドを何回も突破してチャンスを演出し、好クロスから町田のゴールをアシストした。

MF
10 野村直輝 5.5(61分IN)
74分にシュートを放つも、相手のマークに遭いブロックされる。そのほかでも見せ場は少なかった。

FW
18 伊佐耕平 5.5(78分IN)
ゴール前でボールに絡みチャンスを広げる。90分には町田をシュートチャンスに導くポストプレーも見せた。

FW
31 髙澤優也 ―(87分IN)
勝ち越しゴールを期待されての投入も、シュートなく終わる。

DF
41 刀根亮輔 ―(87分IN)
DFの背後を狙ったボールをしっかりと処理するなど、守備を安定させた。

監督
片野坂知宏 6
決してやりたいサッカーができたわけではない。しかし、苦戦しながらも2度リードして有利に試合を進めた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●荒木英喜

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

ドコモユーザーなら月額980円 ライブスポーツならDAZNで 初回31日間 無料
競技一覧
トップへ戻る