dmenuスポーツ

J1 第15節

5月22日(土) 14:03 Kick off

ユアスタ

2 - 1

仙台

  • 1-1
  • 1-0
試合終了

大分

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】仙台=なし 大分=なし<br />
【退場】仙台=なし 大分=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】加藤千尋(仙台)


[J1リーグ15節]仙台2-1大分/5月22日(土)/ユアテックスタジアム仙台

【チーム採点・寸評】
仙台 6.5
相手の背後を突いて先制できたが、直後に失点。相手のサイド攻撃を思うように抑えられず前半は苦しんだが、後半は真瀬と加藤の投入で流れを変えて逆転。大事な下位同士の決戦で勝点3をもぎ取った。

【仙台|採点・寸評】 
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 6.5
前半の失点場面は一度は止めるも長沢のシュートは止めきれず。しかしその後は安定したプレーを見せた。終盤、大分の猛攻をビッグセーブ連発でしのぎ、勝利に貢献した。

DF
31 照山颯人 5(HT OUT)
対面の香川の突破やクロスを止めるのに苦戦。失点時は右サイドにおらず、戻りきれなかった。攻撃でも良さはほとんど出せず、前半でピッチを退いた。

16 吉野恭平 6.5
前半は守備の時間が長かったなか、身体を張って奮闘。後半に入ると得意の攻撃参加を見せ、自身の縦パスが加藤のゴールの起点となり、攻撃でも貢献した。
 
13 平岡康裕 6.5
前半、長年共にプレーした長沢を止めきれず失点を許したが、その後は相手の攻撃をはね返し、中盤に丁寧にパスをつなげた。終盤は出血し倒れる場面もあったが、相手の猛攻をはね返し続けた。

14 石原崇兆 6
対面の松本に再三突破を許し、決定機をつくられていたが、後半は修正し、良い形でボールを奪って攻撃にも絡めるようになった。

MF
35 フォギーニョ 6.5
1点目は自身のボール奪取が起点となり、前方への巧みなランニングで相手DFを引きつけることに成功。後半は奪った後のサイドへの展開が前半よりうまくいき、攻撃にリズムを生み出した。

17 富田晋伍 6.5(90分OUT)
奪ったボールを攻撃につなぎ切れない場面もあったが、後半に入ると自らが積極的に攻撃に関わり、右サイドでのパス交換から加藤の決勝弾をアシスト。「プレーの幅を広げた」と指揮官も高評価。
 
MF
7 関口訓充 6(90分OUT)
前半は守備の時間が長くなったが、ハードワークを見せ続け、後半は2本シュートを放つなど、良い形で攻撃に絡めるようになった。

32 氣田亮真 5.5(65分OUT)
立ち上がりは西村のゴールの起点となるなど、好調ぶりを見せたが、その後は守備の時間が長くなり、ボールを持ってもなかなか決定機を生み出せなかった。

FW
15 西村拓真 6.5
先制ゴールは赤﨑のスルーパスからうまく左サイドに抜け出し、ゴールを決めた。その後は守備でも奮闘し、チームプレーに徹した。

11 赤﨑秀平 6.5(76分OUT)
前半巧みな位置取りから西村にスルーパスを出してゴールをアシスト。後半も加藤千のゴールの場面で相手DFを引きつける動きをするなど、小技の効いたプレーでチームに貢献した。
 
交代出場
DF
25 真瀬拓海 7(HT IN)
後半から入ると劣勢だった右サイドが一気に活性化し、相手を押し込むことに成功。吉野の縦パスをワンタッチで富田につなぎ、加藤千のゴールにも絡み、勝利につながる活躍を見せた。

MF
MAN OF THE MATCH
26 加藤千尋 7(65分IN)
後半投入されると、ゴールへの推進力の高さを発揮し、富田のクロスからヘディングシュートで勝ち越しゴール。その後も決定機のお膳立てや、自陣に戻っての守備で奮闘。手倉森監督が求める「チームを勝たせる選手」へと成長しつつある。

FW
33 フェリペ・カルドーゾ 6(76分IN)
デビュー戦となったが、前線でしっかりボールを収め、力強い突破を見せるなど、今後の活躍の可能性を十分に感じさせる出来だった。

DF
5 アピアタウィア久 ―(90分IN)
相手の高さ勝負に対抗すべく投入され、3バックの一角に入り、相手のクロスをはね返し、競り合いでも強さを見せ、勝利に貢献した。

MF
8 松下佳貴 ―(90分IN)
出場時間は短かったが、しっかりとボールキープして、相手に嫌な形でボールを渡すこと無く試合を終えることができた。

監督
手倉森誠 6.5
幸先よく先制するが、同点に追いつかれ劣勢に。それでも勝ち越しを許さずしのぐと、用意していた交代選手を効果的に使い、試合の流れを変えて勝利を引き寄せた。下位同士で絶対勝利が必要な試合で勝点3を奪い、J2降格圏脱出を視野に入れた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
大分 5.5
立ち上がり嫌な形で失点したが、その後すぐに左サイドから崩して同点に追いつき、前半はボールを支配。しかし後半は逆にサイドで押し込まれてしまい、左サイドを崩され失点。終盤猛攻を仕掛けるも勝点奪取ならず。

【大分|採点・寸評】 
GK
22 ポープ・ウィリアム 5
1失点目はDFに当たったボールがループシュートのように飛んできた不運もあるが、2失点目は守備範囲だったものの防ぎ切れなかった。強烈なシュートだったが、触れていただけに止めておきたかった。

DF
4 坂 圭祐 5
1失点目はフォギーニョのランニングにつられて、西村を捕まえられず、2失点目は加藤のヘディングシュートを止められず。攻撃につなげるパスももう少し出したかった。

14 エンリケ・トレヴィザン 5.5(83分OUT)
競り合いの強さは見せていたが、ポジショニングには課題も。2失点目は赤﨑につられて加藤をフリーにしてしまった。

3 三竿雄斗 6
得点の場面では起点となる香川へのパスをうまく出すことができた。守備でも奮闘を見せていたが、後半は得意の攻撃につながるパスを封じられてしまった。
 
MF
7 松本 怜 6(83分OUT)
立ち上がりから鋭い縦への突破を何度も見せて、町田との連係プレーからゴールを脅かす場面も多かったが、後半は守備に回る時間が長くなってしまった。

49 羽田健人 5.5
1失点目のシーンはボールを奪われたところが起点となってしまった。その後前半は多くの決定機を演出したが、徐々にセカンドボールをうまく拾えなくなった。

11 下田北斗 5.5
前半はボール回しによく絡み、攻撃に良いリズムを生み出していたが、後半は思うように決定機を生み出せず、流れを相手に渡してしまった。

2 香川勇気 5.5
縦突破とクロスで相手の脅威となり、町田に送ったボールから長沢のゴールへとつながった。守勢に回る時間帯が長くなり、背後のスペースを使われて決勝弾を許してしまった。
 
MF
8 町田也真人 6(83分OUT)
香川のクロスをダイレクトで叩いたシュートが長沢のゴールにつながった。その後も多くの決定機をつくり出し、相手の脅威となったが、得点は奪えなかった。もっと自分自身がシュートまで持ち込む場面をつくりたい。

FW
16 渡邉新太 5.5(64分OUT)
攻撃だけでなくチームのための守備もできていた。決定機にも多く絡んでいたが、シュートを決めきれず、特に前半終盤のシュートチャンスを決め切れていれば、チームとしてもっと楽な戦いに持ち込めたはずだ。

20 長沢 駿 6.5
12分こぼれ球をゴールに泥臭く押し込み、古巣対戦に強いところを大分移籍後も見せつけた。その後も空中戦から再三相手ゴールを脅かしたが、相手の好守もあり惜しくも追加点を奪えず。
 
交代出場
FW
18 藤本一輝 5.5(64分IN)
徐々に劣勢になったなかで、流れを変えるプレーを見せようと奮闘。いくつか決定機をつくり出したが、ゴールにはつながらず、自らはシュート0本に終わった。

DF
15 小出悠太 ―(83分IN)
短い時間ではあったが、攻撃の起点としての意識を高く持ちながらプレーし、守備でも大きなミスは無かった。。

MF
17 井上健太 ―(83分IN)
ビハインドの状況で決定機を生み出そうと、縦突破やクロスを見せたが、ゴールにつなげることはできなかった。

FW
9 髙澤優也 ―(83分IN)
試合終了間際にヘディングシュートを放ったが、惜しくもゴールならず。短い時間ながら相手の脅威となるプレーは見せたが、同点には持ち込めず。

監督
片野坂知宏 5
前半は決定機を量産していたが追加点を取れず、後半修正してきた相手に対し、交代選手で流れを引き戻すことができなかった。絶対に勝利が欲しかった下位同士の対決で勝点を取り逃した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●小林健志(フリーライター)
 

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

アプリアイコン

Jリーグ各クラブの最新情報はアプリで!

外観

競技一覧
トップへ戻る