dmenuスポーツ

J1 第24節

8月14日(土) 14:03 Kick off

札幌ド

3 - 2

札幌

  • 1-2
  • 2-0
試合終了

FC東京

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】札幌=福森(16分)、柳(84分)、宮澤(90+1分) FC東京=なし<br />
【退場】札幌=なし FC東京=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】青木亮太(札幌)


[J1リーグ24節]札幌3-2FC東京/8月14日(土)/札幌ド

【チーム採点・寸評】
札幌 6.5
開始早々に失点をし、その後も相手のブラジル人コンビの突破力に押されたり個々のデュエルで後手に回ったりもしたが、攻守ともに粘り強く戦い流れを掴んだ。そして後半に福森を起点とした見事なゴールで逆転に成功し、連勝を掴んだ。

【札幌|採点・寸評】
GK
1 菅野孝憲 6.5
後半にチームを救うビッグセーブを見せて勝利に大きく貢献。MOMに値する存在感を示したと言える。2失点のため6.5としたが、7に近い。

DF
2 田中駿汰 5.5
相手のブラジル人アタッカーの威力に翻弄されてしまった。あっさりと突破を許す場面も減点材料。

10 宮澤裕樹 6.5
守備では相手のパワーに押されたものの、リードされた場面でも慌てずにボールを動かしながらチームをコントロールした。

5 福森晃斗 7
武器である左足から見事なフィードで2得点を演出。守備でも献身的に身体を張り、攻守両面で勝利に貢献した。
 
MF
27 荒野拓馬 5.5(HT OUT)
積極的に前方へと飛び出していったが、守備に回った場面では相手の勢いに飲み込まれてしまったか。

14 駒井善成 6
いい形でボールを受けることはあまりできなかったが、中盤で献身的なプレーを続けてチームを支えた。

8 深井一希 5(HT OUT)
パワーとスピードがある相手の縦への仕掛けに対して押し返せず。前半で退いた。

MAN OF THE MATCH
28 青木亮太 7(76分OUT)
タイミングのよい動き出しでJ1初ゴールを含む2得点。それ以外にも要所で高い技術力を発揮して活躍を見せた。
 
MF
9 金子拓郎 6(75分OUT)
サイドからチャンスメーク、フィニッシュの両方を担った。ただし、守備面ではなかなか先手を取れず。

4 菅 大輝 6.5
左サイドで献身的に上下運動を繰り返した。敵陣深くに攻め入った場面ではゴールも脅かした。

FW
35 小柏 剛 6.5(90分 OUT)
嗅覚の良さを示す得点だけでなく、スピードと持久力の両方を発揮して攻守両面で鋭さを感じさせていた。
 
交代出場
FW
48 ジェイ 6.5(HT IN)
相手のタイトなマークに手を焼いていた様子だが、肝心なところでしっかり得点をおぜん立てしたのは見事。

MF
6 高嶺朋樹 6.5(HT IN)
相手にパワー負けしていた状況を変えるべく起用され、意欲的なプレーでボールを追いかけた。

DF
3 柳 貴博 6(75分IN)
古巣相手に球際で積極的にプレー。しっかりと守備をして、逃げ切りに貢献した。

FW
33 ドウグラス・オリヴェイラ ―(76分IN)
運動量を生かして相手のパスの出どころを封じに走った。役目は果たしたと言える。

DF
50 岡村大八 ―(90分IN)
プレー時間は僅かだったが、守備を厚くした。

監督
ペトロヴィッチ 7
早々に先制され、前半終了間際にも失点する難しい状況下で早々に選手交代を施しで逆転、そして守備的な選手を投入して逃げ切りに成功した。
  
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。 
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 6
幸先よく先制に成功し、その後も堅実な戦いができていただけに、要所で相手の好フィードを許してしまったことと、決定力不足が悔やまれる。

【FC東京|採点・寸評】
GK
13 波多野豪 5.5
決定的な不備があったわけではないが、ゲームコントロールなどディテールのところが不足したか。

DF
6 小川諒也 6
ポジション取りなども含め、全体的に決して悪いパフォーマンスではなかったが、勝利に導けず。

4 渡辺 剛 6
対人のところでは優勢だったものの、失点シーンなども含め、相手にいいポジションに入られてしまっていた。

3 森重真人 6
相手のフィードや連係が見事だったが、この選手の力を考えれば、なんとか防ぎきりたかった。

49 バングーナガンデ佳史扶 6(55分OUT)
ポジショニングや球際での粘りなど、的確に仕事をしていた。だが、後半はCBとの間を使われてしまった。
 
MF
21 青木拓矢 5.5(68分OUT)
うまく周囲を動かしながらバランスをとっていた。ただし若干、最終ラインとの距離が近くなってしまったか。

31 安部柊斗 6
左右に幅広く動いて攻守両面で積極的にボールに関与していった。ブラジル人コンビもうまくサポートした。

10 東 慶悟 5.5(68分OUT)
しっかりとした形で存在感を示すことがなかなかできず。もう少し貪欲な仕掛けが見たかったところ。
 
FW
15 アダイウトン 7 (81分OUT)
先制弾、2点目ともに段違いのスピードを見せて的確にゲット。さすがとも言えるプレーぶりだった。

20 レアンドロ 6.5
相手からの警戒もほぼ苦にすることなくチャンスメーク。アダイウトンの得点力も引き出してみせた。

27 田川亨介 6.5(55分OUT)
無得点だったものの、前線で力強いプレーを見せ、可能性を感じさせる場面をいくつか作っていた。
 
交代出場
FW
11 永井謙佑 5.5(55分IN)
スペースがなかったわけではないが、いい形で独走できる形にはならず。シュートも若干、強引だった。

DF
28 鈴木準弥 5.5(55分IN)
守備時に相手の勢いを受けてしまった感あり。ロングスローが決定機につながって欲しかったが。

MF
7 三田啓貴 6(68分IN)
鋭いシュートは相手GKの好守に阻まれた。決めたかったが、相手を褒めるしかないだろう。

MF
18 品田愛斗 5.5(68分IN)
同点を目指すなかで効果的なパス配球が期待されたが、なかなかいい形でボールを持たせてもらえなかった。

FW
23 渡邊凌磨 -(81分IN)
パフォーマンスが良くなかったわけではないが、アダイウトンが退いたことで相手に余裕が生まれた印象。プレー自体は無難か。

監督
長谷川健太 5
前半の得点時間が良かっただけになんとか勝点は拾いたかったが、攻撃に関してはもう一手、足りなかったように見受けられた。
   
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

アプリアイコン

Jリーグ各クラブの最新情報はアプリで!

競技一覧
トップへ戻る