dmenuスポーツ

J1 第26節

8月25日(水) 19:00 Kick off

ユアスタ

1 - 2

仙台

試合終了

FC東京

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】仙台=アピアタウィア(32分)、福森(89分) FC東京=三田(74分)、アダイウトン(90+4分)<br />
【退場】仙台=なし FC東京=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】ジョアン・オマリ(FC東京)


[J1リーグ26節]仙台1-2FC東京/8月25日(水)/ユアスタ

【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
前半守備が思うようにはまらず、相手にボールを持たれ、警戒していたセットプレーから失点。後半布陣と選手を入れ替え決定機がつくれるようになり、セットプレーで同点にはできたが、相手の選手交代により再び押し込まれ、堪え切れなかった。



【仙台|採点・寸評】 
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 6
相手のセットプレーから2失点を喫したが、特に後半はファインセーブを連発。流れの中からの失点を防いだことは評価できる。

DF
25 真瀬拓海 5
相手のプレスをうまくかわせず、攻撃に絡む回数が少なかった。守備では奮闘していたものの相手のスピードに苦慮した。

5 アピアタウィア久 6.5
劣勢の時間帯が長かったが、集中が途切れず身体を張り、相手のスピードにもしっかりついていった。後半セットプレーからJ1初ゴールを決め、チームに勢いを与えた。
 
3 福森直也 4.5
2失点ともセットプレーでのJ・オマリへの対応が後手に回った。1失点目は競り負け。2失点目は不運な判定とも言えるが、J・オマリに前に入られたのが痛恨のミスだった。流れの中での守備では身体も張れていただけに悔しい結果に。

14 石原崇兆 5.5
守備に回る時間が長かったが、スピードに乗った相手をなかなか止めきれなかった。攻撃でも決定機に絡む回数が少なかった。

MF
35 フォギーニョ 5(HT OUT)
前半相手に食いつき過ぎ、ディフェンスラインとの間のスペースに入り込まれてピンチを招く場面が目立った。時間が経つにつれある程度改善したが、前半で交代。負傷から復帰以降試合勘がなかなか戻らない。

8 松下佳貴 5.5
前半はフォギーニョとの連係がうまくいかず、相手の攻勢を許してしまった。後半は上原と息の合った所を見せ、中盤を落ち着かせたが、決定機につながるプレーが欲しかった。
 

MF
6 上原力也 6.5
前半トップ下に入っていた時間帯は位置取りに苦慮していたところもあったが、後半ボランチに入ると効果的なパスが増え、プレースキックからゴールをアシスト。コンディションは上がってきている。

7 関口訓充 6(76分OUT)
後半開始早々2本のシュートを放ち、チームに活力を与え、ゴールへの流れをつくった。連戦の中でもハードワークし続けた。

32 氣田亮真 5(HT OUT)
守備に追われる時間が長くなり、奮闘はしていたが相手の推進力を止められなかった。攻撃でも持ち味を出せないまま、前半でピッチを退いた。

FW
42 富樫敬真 5.5(76分OUT)
前線でよく身体を張り、献身的な守備を見せた。攻撃ではなかなかボールが回って来なかったが、収まれば的確に味方につなげた。デビュー戦の前節よりはチームにフィット。


交代出場
FW
15 西村拓真 5.5(HT IN)
後半開始から入ると、前線からの守備や決定機に絡む動きでチームに貢献したが、今日もシュートを決めきれなかった。

MF
18 中原彰吾 5.5(HT IN)
後半開始から投入させると、ボールを落ち着かせて、攻撃にリズムをつくり、守備でも奮闘した。もう少し決定機を演出するようなパスやクロスが出せると良かった。

DF
4 蜂須賀孝治 5.5(76分IN)
石原をサイドハーフに上げて、左サイドバックに入り、クロスから決定機を演出しようとしたが、終盤は守勢に回り、なかなかクロスを上げられなかった。

FW
33 フェリペ・カルドーゾ 5.5(76分IN)
蜂須賀と同時に投入され、クロスからヘディングシュートを狙う役目だったが、クロスが上がる場面が少なく孤立してしまった。

監督
手倉森誠 5
4-2-3-1布陣でスムーズにボールを運ぼうと試みたが、相手に空いたスペースを使われ不発に。後半4-4-2に戻し、攻勢に出て同点にできたのは良かったが、相手の外国籍選手投入後は再び押し込まれ、勝点1も得られなかった。
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 6
主に前線の選手を入れ替えたのが功を奏し、前半からボールを保持でき、セットプレーから先制。後半セットプレーで追いつかれたが、外国籍選手投入後は再び相手を押し込み、厳しい連戦のなかPKで勝ち越し勝点3を得た。

【FC東京|採点・寸評】 
GK
13 波多野豪 6
守備機会が多くは無かったが、集中して安定したシュートストップやクロス対応を見せた。セットプレーからの失点は責められない。

DF
28 鈴木準弥 5.5
攻守によく走り回ったが、もう少し決定機に絡むクロスなどが欲しかった。プレースキックも惜しい場面はつくったが、ゴールにはつながらず。

4 渡辺剛 5.5
相手の攻撃を冷静にはね返せていたが、失点場面でアピアタウィアを止められず。セットプレーで果敢にゴールを狙うも、あと一歩で決めきれなかった。
 
32 ジョアン・オマリ 7
セットプレーで福森との駆け引きに勝ち、先制ゴールを決め、終盤にはファウルを誘ってPKを獲得し、勝利に大きく貢献。守備でも身体の強さを存分に生かし「熱くなりやすいが、冷静にプレーできるようになった」と長谷川監督もプレーを高評価。

6 小川諒也 6
左サイドから果敢に攻撃参加し、相手の背後を取るパス出しができていた。守備でも安定感あるプレーを見せた。

MF
23 渡邊凌磨 5.5(66分OUT)
攻撃よりも守備面での貢献が大きく、相手のサイドバック、サイドハーフを押し下げた。ただ、ボールを持つ時間が長かったので、もう少し攻撃で存在感を見せたかった。

31 安部柊斗 6.5
90分間攻守でよく顔を出し、ボールに関わり続けて攻撃のリズムをつくり、守備でも危険をよく察知することができていた。試合終盤のヘディングシュートは惜しくもGKにセーブされた。
 

MF
8 髙萩洋次郎 6.5(82分OUT)
後半惜しくもシュートを決めきれなかったが、トップ下に入り常に相手の間でボールを受けて、決定機を量産。82分に交代するまで相手の脅威になり続けた。

7 三田啓貴 6.5(76分OUT)
相手の選手の間にうまくポジションを取りながら、決定機を多数演出。プレースキックでJ・オマリのゴールもアシストし、古巣相手に躍動した。

FW
11 永井謙佑 6
1トップで中盤とうまく連係しながら多くの決定機をつくり出した。相手の最終ラインの背後を取る動きも効果的だった。

27 田川亨介 5.5(66分OUT)
前半か多くの決定機に絡み、シュートチャンスもあったが、あと一歩で決めきれなかった。後半は疲労も見えて途中交代。


交代出場
FW
15 アダイウトン 6(66分IN)
左サイドでのドリブル突破やシュートは相手の脅威となってディフェンスラインを押し下げ、仙台に傾きかけた流れを再び押し戻す展開を生み出した。

DF
3 森重真人 6.5(66分IN)
ボランチに入り、守備を落ち着かせただけでなく、入って早々ミドルシュートを放つなど攻撃でも貢献。試合の流れを変える働きができていた。

FW
9 ディエゴ・オリヴェイラ 6(76分IN)
身体能力と前への推進力を生かし、試合終盤の主導権を奪い返すうえで大きな働き。PKもうまくフェイントを入れて落ち着いて決めた。

MF
10 東 慶悟 ―(82分IN)
出場時間は短かったが、右サイドに流れてクロスを上げ、安部の決定的なシュートを演出した。

監督
長谷川健太 6.5
攻撃陣を日本人選手で固めたのが功を奏し、ボールを保持して優位に試合を進めることに成功。後半追いつかれたが、勝負どころでの外国籍選手投入が奏功し、5試合ぶりの勝利に導いた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●小林健志(フリーライター)

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

ドコモユーザーなら月額980円 ライブスポーツならDAZNで 初回31日間 無料
競技一覧
トップへ戻る