dmenuスポーツ

J1 第27節

8月29日(日) 19:03 Kick off

レモンS

0 - 0

湘南

  • 0-0
  • 0-0
試合終了

浦和

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】湘南=タリク(24分) 浦和=なし<br />
【退場】湘南=なし 浦和=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】大岩一貴(湘南)


[J1第27節]湘南0-0浦和/8月29日/レモンS

【チーム採点・寸評】
湘南 6
局地戦でハードに戦い、試合を優位に進めていた。クロスの精度を欠き結果的にゴールは奪えなかったが、内容では上回っていた。

【湘南|採点・寸評】
GK
1 谷 晃生 6.5
来月からのA代表に初招集されたGKは、自信を感じさせるパフォーマンス。的確な飛び出しで相手の攻撃を封じた。

DF
3 石原広教 6.5
相手の出方に対して臨機応変に対処し続けた。攻撃となれば、機を見てポジションを取り、ゲームを組み立てた。

MAN OF THE MATCH 
22 大岩一貴 7
ロングボールを跳ね返し、カバーリングもそつなくこなす。力強いマークで相手アタッカーに対応し、実に頼もしかった。

2 杉岡大暉 6
クロス精度には課題が残るものの、守備面での決定的なミスはなく、左サイドを支えていた。
 
MF
5 古林将太 6.5(59分OUT)
右サイドを度々突破すると、ビッグチャンスを演出。クロス精度はチームで最も安定していた。もう少し交代を引っ張ってほしいプレーヤーだった。

14 茨田陽生 5(HT OUT)
攻守において、効果的なプレーは少ないままハーフタイムに交代。相手のディフェンスラインの裏に抜け出した41分のようなプレーをもっと増やしたい。

32 田中 聡 6
アンカーの位置でチームのバランスを巧みにとった。秀逸だったのはこぼれ球への反応。相手のチャンスの芽を摘んでいた。

10 山田直輝 5.5
ボールを持っても打開力に欠け、なかなか相手の守備陣に脅威を与えられなかった。終盤にはボールカットからカウンターも、ゴールにはつながらず。

42 高橋 諒 5.5(85分OUT)
運動量豊富に動いていたものの、後半の立ち上がりは江坂と明本、酒井の対応に追われ、苦しんだ。
 
FW
11 タリク 5.5(59分OUT)
もうワンテンポ早く飛び出していればゴールを奪えたかもしれないシーンは多い。マラドーナを彷彿させるハンドで警告を受けたのは余計だった。

17 大橋祐紀 6
チャンスを得ながらもノーゴール。それでも力強いボールキープと果敢なドリブルで相手にとって最も怖い存在となった。
 
交代出場
MF
27 池田昌生 5.5(HT IN)
66分のウェリントンへのクロスなど可能性を感じさせるパスもあったが、雑なプレーも目につく。特にFKでの連続キックミスはいただけない。

DF
26 畑 大雅 5(59分IN)
左サイドで投入される(左サイドだった高橋が右サイドに)と、何度か突破を試みるが、酒井の分厚い牙城を崩せず。攻撃での貢献度は高くなかった。

FW
9 ウェリントン 6(59分IN)
ゴール前ではやはり特大のプレゼンスを発揮。無得点に終わるも、クロスの質が高ければ持ち味をより発揮できたはずだ。

DF
6 岡本拓也 ―(85分IN)
3試合連続の途中出場。目立ったプレーはなかったとはいえ、アディショナルタイムに右サイドを駆け上がり惜しいクロスを供給した。

監督
浮嶋 敏 6
守備を機能させ、リーグ8試合ぶりのクリーンシートに成功。ウェリントンの投入も相手にとっては嫌だったはずだ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
浦和 5.5
チームとして機能せず、個々でなんとかしようとしていた印象。江坂と明本が投入された後半初めは良い形が作れていたが、トータルで見れば相手に押される時間のほうが多かった。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
相手のクロスミスに助けられた部分もある。ただ常に声を張り上げて守備陣の集中を切らさなかったのは評価。

DF
2 酒井宏樹 6.5
押し込まれる時間帯でも存在感は別格。球際で激しくファイトし、相手に自由を許さなかった。

28 アレクサンダー・ショルツ 6.5
鋭い読みと的確なカバーリングでクリーンシートに貢献。またビッグチャンスにつながった56分の縦パスは見事だった。

5 槙野智章 6
立ち上がりは相手とのマッチアップで後手に回る場面も見られたが、次第に安定。縦パスが増えればもっと良かった。

3 宇賀神友弥 5.5(73分OUT)
ビルドアップでは大きなミスはなかった。ただ古林に振り切られクロスに持ち運ばれるシーンが少なくなかったのが悔やまれる。
 
MF
41 関根貴大 5.5(HT OUT)
この日も右サイドを献身的にアップダウン。しかし39分のシュートシーンなど肝心な局面でやや精度を欠いた。

40 平野佑一 6(73分OUT)
中盤で相手に振り回されがちだったものの、局面を一気に前進させる縦パスは価値あり。21分や35分などチャンスの起点となった。

17 伊藤敦樹 5
いつものような運動量がなく、中盤で相手についていけないシーンが散見。やや疲労が溜まっているようにも見えた。

21 大久保智明 5.5
立ち上がりから積極的な仕掛けで流れを引き寄せようと試みた。一方で、35分にはユンカーのパスを決め切れず、決定機をフイに。
MF
18 小泉佳穂 5(HT OUT)
戦列復帰後、2試合目で先発に。21分のスルーパスなどボールを受ければ好パスを供給も、ポジションが低く決定的な仕事はできず。トップフォームからまだ遠い印象を受けた。

FW
7 キャスパー・ユンカー 5(83分OUT)
この日はなかなかゴールに迫れず、不完全燃焼。ボールを奪われた後に取り返す姿勢が見られなかったのも残念だった。
 
交代出場
MF
15 明本考浩 6(HT IN)
前線で身体を張ってパスを引き出した。相手に潰される回数は少なくなかったが、脅威にはなった。

MF
33 江坂 任 6(HT IN)
持ち前のテクニックで攻撃をクリエイト。58分の酒井への絶妙なパスなど、ゴールへの期待を感じさせた。

MF
11 田中達也 5(73分IN)
左サイドでボールを持つ回数は限られ、持ち味を生かす場面は多くなかった。クロスは味方につながらなかった。

MF
29 柴戸 海 5.5(73分IN)
フィルター役としてボールを奪って悪い流れを変えたかったが、その役割を果たせたとは言いづらい。

FW
16 木下康介 ―(83分IN)
シュートチャンスをなかなか得られず、途中起用に応えることができなかった。また終盤のファウルは不要だった。

監督
リカルド・ロドリゲス 5
後半開始から江坂と明本を投入して流れを掴みかけたものの、その後ペースを握り続けられなかった。終盤の交代策はハマらず。

取材・文:多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

アプリアイコン

Jリーグ各クラブの最新情報はアプリで!

競技一覧
トップへ戻る