dmenuスポーツ

J1 第29節

9月18日(土) 19:03 Kick off

味スタ

4 - 0

FC東京

  • 3-0
  • 1-0
試合終了

横浜FC

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】FC東京=なし 横浜FC=なし<br />
【退場】FC東京=なし 横浜FC=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】安部柊斗(FC東京)


[J1リーグ29節]FC東京4‐0横浜FC/9月18日/味の素スタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 7
長友の復帰初戦で白星。チームはもちろんD・オリヴェイラ、レアンドロ、安部、J・オマリら個人のパフォーマンスも高かった。

【FC東京|採点・寸評】
GK
13 波多野豪 6.5
ジャーメインのシュートを鋭い反応でストップするなど動きは良かった。集中を切らさず零封と正守護神の貫録を見せつけた。

DF
3 森重真人 6.5
タイトなマークでボールを刈り取りつつ、最終ラインをコントロール。組み立ての局面でも危なげないパフォーマンスだった。

6 小川諒也 6.5
D・オリヴェイラの先制弾につながった、くさびのパスが良かった。気の利いた守備もあり、地味ながら攻守両面で良質な仕事をした。

32 ジョアン・オマリ 7
フィジカル勝負はほぼ負け知らず。空中戦の競り合いも滅法強く、文字通り壁となった。コンディションの良さを感じさせる出来でもあった。

50 長友佑都 6.5
味方への声掛けでチームに確かな“熱”をもたらす。連係面で課題を残すも個のレベルでは十分な働き。さらにコンディションを上げたい。
 

MF
10 東 慶悟 6.5(77分OUT)
43分にピンポイントクロスでD・オリヴェイラのゴールをアシスト。守備面では高い位置での追い込みでパスコースを限定した。

15 アダイウトン 6(59分OUT)
決定力不足を露呈も、左サイドからのアグレッシブな仕掛けは評価に値。その姿勢がチームに確かな勢いをもたらした。

20 レアンドロ 7.5(90分OUT)
悪天候の中でも素晴らしいテクニックとシュート技術で存在感。相手の守備陣を無力化した、21分の一撃はとにかくエレガントだった。

21 青木拓矢 7
スムーズなボールの出し入れでリズムを生み出し、正確なポジショニングとボール奪取でカウンターを阻止。優秀な働きぶりだった。

MAN OF THE MATCH
31  安部柊斗 7.5
試合終盤になっても落ちない走力とプレー強度は圧巻。ゴールこそなかったが、中盤に“魂”を吹き込んだのは間違いなくこのダイナモだ。
 
FW
9 ディエゴ・オリヴェイラ 7.5(77分OUT)
2ゴールの大活躍。反転からのボレーシュートでゴールネットを揺らした先制弾は美しかった。MOM級の暴れっぷりだった。
 

交代出場
FW
27 田川亨介 5.5(59分IN)
長友の指示に従いながらのディフェンスはグッド。ただ、持ち味は攻撃力だけにゴールという結果をやはり出したい。

FW
11 永井謙佑 -(77分IN)
ボールへとチャレンジする姿勢はいつも素晴らしい。ただ、田川と同じくゴールが欲しい。

FW
23 渡邊凌磨 -(77分IN)
86分に迎えたビッグチャンスは相手GKに防がれた。ああいうところできっちり決めないとスタメンの座は見えてこない。

MF
7 三田啓貴 -(90分IN)
90+2分に中盤でボールを奪うまではよかったが、パスミスが残念。次節以降の活躍に期待したい。

監督
長谷川健太 7
「何も言うことはない」というコメントが充実ぶりを物語る。長友を先発起用するなどしてチームに“熱”を注入したことが勝因だった。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
横浜FC 4
ガブリエルの負傷交代というアクシデントもあり厳しい展開に。試合途中から4バックに変更しても安定せず、FC東京の個人技に翻ろうされる形で4失点と“完敗”だった。

【横浜FC|採点・寸評】
GK
49 スベンド・ブローダーセン 5.5
失点についてはどれも相手のシュートを褒めるべき。むしろ、56分にアダイウトンのシュートをストップするなど最後まで奮闘した印象もある。

DF
3 袴田裕太郎 4.5
相手の間合いで勝負する機会が多く、苦しい90分に。間接的に失点に絡んだ点を踏まえると、採点はかなり低めになる。

5 ガブリエウ ―(13分OUT)
味方にパスをする際に足を痛めて13分に無念の負傷交代。悪くない立ち上がりだっただけに、このアクシデントは悔やまれる。

19 伊野波雅彦 4
21分に自陣で痛恨のパスミス。失点に直結した点で厳しい評価にならざるを得ない。FC東京に勢いを与えた感もある。
 

MF
2 マギーニョ 4.5
ボールへの反応がそこまで速くなく、攻守両面で精彩を欠いた。ラフプレーがやや目に付くなどネガティブな面が先行した。

6 瀬古 樹 4.5
中盤でボールを上手くコントロールできず、安部にかっさらわれるシーンも。攻守においてプレー強度が足りなかった印象だ。

14 ジャーメイン良 5.5
27分のシュートは決まらなかったもののアプローチまでは良かった。横浜FCで唯一“危険な匂い”を漂わせていた。

15 安永玲央 5
攻め込まれた際にボールホルダーを捕まえきれないシーンが目立った。前線や最終ラインとの距離感もいまひとつで不完全燃焼に終わった。

24 高木友也 5(HT OUT)
立ち上がりこそ攻撃の起点になったが、時間の経過とともにミスが増えた。同サイドの東に自由をかなり与えた点はいただいけない。

37 松尾佑介 5.5(80分OUT)
51分には小気味いいプレーからシュートに持ち込むも相手の足に当たった。50分のクロスも長友に阻まれ、この日はゴールが遠かった。
 
FW
39 渡邉千真 4.5(HT OUT)
シュートは残念ながら0本。FC東京に脅威を与える存在になれなかった。前半だけでの交代は仕方なしだろう。
 

交代出場
DF
26 韓 浩康 4.5(13分IN)
判断が遅く、D・オリヴェイラやレアンドロに翻ろうされた形。3バックでも4バックでも落ち着きをもたらすことはできなかった。

FW
50 フェリペ・ヴィゼウ 5.5(HT IN)
前線で起点になれず、FC東京の守備網を攻略できなかった。身体を張ったプレーもあったが、全体的にはネガティブな印象が強い。

FW
31 サウロ・ミネイロ 5(HT IN)
J・オマリの激しいマークに苦しみ、ノーゴールに終わる。試合終盤は苛立ちが荒いプレーに表れていた。

MF
13 小川慶治朗 ―(80分IN)
なかなかボールを呼び込めず、試合に入っていけなかった。次節以降の試合でアピールしたい。

監督
早川知伸 4.5
「すべてにおいて相手を上回れなかった」とは本人の弁。そのとおりで、システム変更、交代策もほとんどハマらなかった。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。





SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

アプリアイコン

Jリーグ各クラブの最新情報はアプリで!

外観

競技一覧
トップへ戻る