dmenuスポーツ

J1 第30節

9月25日(土) 18:00 Kick off

ニッパツ

2 - 2

横浜FC

試合終了

横浜FM

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】横浜FC=高橋(40分)、S・ブローダーセン(60分)、マギーニョ(76分) 横浜=渡辺②(14分、73分)、松原(90+2分)<br />
【退場】横浜FC=なし 横浜=渡辺(73分)<br />
【MAN OF THE MATCH】S・ミネイロ(横浜FC)


[J1リーグ30節]横浜FC2-2横浜/9月25日(土)/ニッパツ三ツ沢球技場

【チーム採点・寸評】
横浜FC 6.5
優勝争いをする相手に一歩も引かず、激闘の横浜ダービーに。執念のドローで勝点1を得た。

【横浜FC|採点・寸評】
GK
49 スベンド・ブローダーセン 6.5
PKでの1失点目は本当にファウルだったのだろうか…。相変わらずのスーパーセーブ連発でチームに勝点1をもたらした。

DF
22 岩武克弥 6
不慣れな3バック右での起用も大過なくこなす。同点ゴールの起点となったプレーも評価に値する。

4 高橋秀人 6
2失点はしたものの、的確なカバーリングを披露しつつ、攻撃的な姿勢も示した。

3 袴田裕太郎 5.5
大崩れはしなかったが、前田のスピードに手を焼き、ピンチを招く場面が散見された。
 
MF
15 安永玲央 6
この日は、悪いクセとなっている失点につながるミスもなく、主に守備で役割を果たした。

38 アルトゥール・シルバ 6(36分OUT)
調子が良く、ディフェンス面でかなり効いていただけに、負傷交代はチームにとっても痛い。

2 マギーニョ 6
攻め上がりは自重し、プレスや守りの面で奮闘。エウベルら相手アタッカーを封じた。

6 瀬古 樹 6
不可欠な存在。シャドーよりボランチで使うほうがチームのゲーム運びは安定するだろう。
 
MF
37 松尾佑介 5.5(68分OUT)
前線からの激しいチェイシングが印象的だったが、それはこの男の本来の役割ではない。

17 武田英二郎 6(68分OUT)
やはり守りは強い。ポジションを争う高木とは違う個性で十分にアピールした。

FW
MAN OF THE MATCH
31 サウロ・ミネイロ 7
加入以来最高の出来で、今後へ向けてのわずかな希望となった。2ゴールのほか、確かなポストプレーも披露した。
 
交代出場
FW
14 ジャーメイン良 6.5(36分IN)
ファーストタッチで先制ゴールをアシスト。同点ゴールにも絡んだ。

FW
50 フェリペ・ヴィゼウ 6(68分IN)
決定的なチャンスを作り出すことはできなかったが、アグレッシブなプレーは悪くない。

DF
24 高木友也 6(68分IN)
数的優位となってから、持ち味の攻撃力が光る。93分に供給したクロスは見事だった。

監督
早川知伸 6.5
攻撃力を武器とする相手に、前線からのプレスで新境地を開拓。今後につながる一戦にした。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。






【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
退場者を出すも攻撃的に戦い一度は勝ち越したが、勝点2を失いリーグ制覇が遠のく。

【横浜|採点・寸評】
GK
1 高丘陽平 6
アカデミーから育った古巣相手のゲームで安定感を披露。93分のビッグセーブもあり、敗戦を免れた。

DF
25 小池龍太 6
1人少なくなってからも積極的に攻撃参加したが、決定機を演出するまでには至らず。

13 チアゴ・マルチンス 6.5
危ない場面には必ずと言っていいほど顔を出す。S・ミネイロとのバトルは見ごたえ十分だった。

24 岩田智輝 6
高いユーティリティ性を発揮。相手攻撃陣の勢いに押され気味となったが、なんとか対応した。

5 ティーラトン 6.5(63分OUT)
左サイドでゲームをコントロール。中盤の支配にも貢献して、試合を優位に進めた。
 
MF
6 扇原貴宏 6(87分OUT)
アシストのシーンを除くと、オフェンスへの貢献は物足りない。ただ中盤ではほぼノーミスだった。

10 マルコス・ジュニオール 5.5(87分OUT)
攻撃を牽引したが、いつものような圧倒的な怖さは感じられず。48分の決定機逸は残念だ。

26 渡辺皓太 5
退場は致し方ない面もあるが、優勝に向け勝点3が必須のチームにとっては痛恨の極み。
 
FW
7 エウベル 5.5(80分OUT)
攻撃のアイデアやコンビネーションに欠け、単発的な攻めに終始していた感がある。

9 レオ・セアラ 5.5(63分OUT)
前線からのチェイシングは見せたが、PK獲得の場面以外はほとんど活躍できなかった。

38 前田大然 7
とにかく速い。アタッカー陣のなかではずば抜けて相手守備陣にとっての脅威となっていた。
 
交代出場
DF
27 松原 健 5.5(63分IN)
守備にシフトした、良くも悪くも無難なプレー。攻撃でもっと前田と絡みたかったところ。

FW
41 杉本健勇 5.5(63分IN)
プレーにスピード感がなく、もたついていて、攻撃の起点になることもできずに終わった。

MF
8 喜田拓也 ―(80分IN)
守備固めで投入されるも、同点ゴールを許す。もちろん彼だけの責任ではないのだが…。

MF
14 天野 純 ―(87分IN)
出場時間が少なく、存在感を示すには至らず。そもそもプレーする機会があまりなかった。

FW
18 水沼宏太 ―(87分IN)
交代出場した選手のなかでは最も相手ゴールに迫るプレーを見せたが、あと一歩及ばず。

監督
ケヴィン・マスカット 6
退場者が出たあとはシステム変更などで持ち直したが、交代出場の選手が不発だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部





SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

ドコモユーザーなら月額980円 ライブスポーツならDAZNで 初回31日間 無料
競技一覧
トップへ戻る