dmenuスポーツ

J1 第37節

11月27日(土) 14:03 Kick off

等々力

4 - 1

川崎F

  • 2-1
  • 2-0
試合終了

G大阪

テキスト速報

後半

  • 後半50分

    試合終了。4-1でホームの川崎Fが勝利

  • 後半49分川崎F エンブレム川崎F 

    GOAL!GOAL!GOAL!キッカーの遠野は右足でアウトスイングのクロスをペナルティエリア中央に供給すると、競り合ったのは車屋。車屋の高い打点から放たれたヘディングシュートはゴール右に吸い込まれ、ダメ押しの4点目を挙げる

  • 後半49分川崎F エンブレム川崎F 

    右CKを獲得

  • 後半48分G大阪 エンブレムG大阪 

    パトリックをターゲットにしてロングボールを蹴り込むシーンが増えているが、思うようにチャンスには至っていない

  • 後半47分川崎F エンブレム川崎F 

    アディショナルタイムに入っても、前線の選手がプレスバックをし、ボールを奪っている

  • 後半46分

    アディショナルタイムは4分の表示

  • 後半45分川崎F エンブレム川崎F 

    小林が右サイドの敵陣中央から右足でふわりと浮かせたボールをペナルティエリア内に送ると、Lダミアンが反応し、ヘディングシュートを放つ。しかし、Lダミアンのシュートは威力がなく、得点には至らない

  • 後半44分G大阪 エンブレムG大阪 

    39宇佐美OUT→41中村IN

  • 後半44分G大阪 エンブレムG大阪 

    17奥野OUT→29山本IN

  • 後半43分川崎F エンブレム川崎F 

    この時間になっても攻撃の手を緩めず、攻め立てている

  • 後半40分川崎F エンブレム川崎F 

    このゴールでJ1ホーム通算600得点を達成

  • 後半40分川崎F エンブレム川崎F 

    GOAL!GOAL!GOAL!遠野からの横パスを小林が受けると、走り込んだ山根にスルーパスを送る。山根はペナルティエリア右から右足でわずかに浮かせたパスを選択すると、ゴール前で待っていたのはLダミアン。Lダミアンはうまく合わせ、これがネットを揺らす。完璧な崩しから追加点を挙げる

  • 後半38分川崎F エンブレム川崎F 

    22橘田OUT→28山村IN

  • 後半38分川崎F エンブレム川崎F 

    この時間になっても、前線から積極的にプレスを掛け、相手から自由を奪っている

  • 後半37分川崎F エンブレム川崎F 

    ペナルティエリア付近で相手を押し込み、チャンスをうかがっている

  • 後半34分G大阪 エンブレムG大阪 

    8小野瀬OUT→28WシウバIN

  • 後半34分G大阪 エンブレムG大阪 

    26柳澤OUT→5三浦IN

  • 後半33分川崎F エンブレム川崎F 

    8脇坂OUT→19遠野IN

  • 後半33分川崎F エンブレム川崎F 

    47旗手OUT→24宮城IN

  • 後半33分川崎F エンブレム川崎F 

    41家長OUT→11小林IN

  • 後半32分

    ベンチでは両チームともに、複数の選手が出場の準備を進めている

  • 後半29分川崎F エンブレム川崎F 

    前半よりもボールを保持する時間は減ったものの、焦ることなく、攻撃の機会をうかがっている

  • 後半27分

    飲水タイムが終了し、プレーが再開される

  • 後半25分

    飲水タイムが設けられ、プレーが中断する

  • 後半25分川崎F エンブレム川崎F 

    時間を使いながら、ボールを保持すると、右サイドの敵陣深くから左足でクロスを供給する。ゴール前でLダミアンが反応するも、これは弾かれてしまう。それでも、こぼれ球に反応した脇坂がペナルティエリア手前の中央から強烈なボレーシュートを放つ。しかし、わずかに枠の上に外れてしまう

  • 後半24分川崎F エンブレム川崎F 

    Lダミアンの横パスを受けた家長が右サイドの敵陣中央から左足でカーブの掛かったクロスを供給する。しかし、味方にはつながらず、相手にクリアされてしまう

  • 後半22分川崎F エンブレム川崎F 

    この時間は家長が中央や左寄りにポジションを取り、攻撃を組み立てている

  • 後半21分G大阪 エンブレムG大阪 

    14福田OUT→11小野IN

  • 後半19分川崎F エンブレム川崎F 

    パトリックに対し、厳しく寄せることで、相手の攻撃に転じさせていない

  • 後半18分G大阪 エンブレムG大阪 

    この時間に入り、徐々にボールを保持している

  • 後半17分川崎F エンブレム川崎F 

    大島は左のインサイドハーフに入っており、代わりに旗手が左のワイドの位置に入っている

  • 後半17分川崎F エンブレム川崎F 

    23マルシーニョOUT→10大島IN

  • 後半16分川崎F エンブレム川崎F 

    マルシーニョがプレスバックをしてボールを奪ったシーンに観客から大きな拍手が送られている

  • 後半15分川崎F エンブレム川崎F 

    ベンチでは大島が出場の準備を進めている

  • 後半14分G大阪 エンブレムG大阪 

    キッカーの宇佐美は右足で高い弾道の浮き球をゴール前に供給する。しかし、直接GKにキャッチされてしまう

  • 後半13分G大阪 エンブレムG大阪 

    キッカーの宇佐美は右足で低い弾道のクロスを供給するも、一度ははじかれてしまう。それでも、その流れから左CKを獲得

  • 後半12分G大阪 エンブレムG大阪 

    小野瀬が相手のチャージを受け、左サイドの敵陣深くでFKを獲得

  • 後半11分G大阪 エンブレムG大阪 

    福田がカットインをし、ペナルティエリア左角付近からシュート性のボールを送ると、反応したのは宇佐美。宇佐美は相手をうまく振り切り、フリーでヘディングシュートを放つ。しかし、シュートはクロスバーに当たってしまい、得点には至らない

  • 後半8分川崎F エンブレム川崎F 

    家長が右サイドの敵陣深くから右足でクロスを送ると、ニアサイドでLダミアンが反応する。これはつながらないが、ゴール前にこぼれたボールに脇坂が走り込んでおり、トラップから右足でシュートを放つ。しかし、柳澤に寄せられていた影響でボールに勢いがなく、GKにキャッチされてしまう

  • 後半7分G大阪 エンブレムG大阪 

    前半と同様に自陣に守備陣形を取り、カウンター攻撃を狙っている

  • 後半5分川崎F エンブレム川崎F 

    右サイドの高い位置で家長がタメを作ることで、チャンスを構築する面が前半から見受けられる

  • 後半4分川崎F エンブレム川崎F 

    後半も攻めから守りのトランジションが早く、相手に自由を与えていない

  • 後半2分G大阪 エンブレムG大阪 

    味方が後方にパスを送ると、このパスに反応したのは井手口。井手口は右サイドの敵陣中央から右足で低い弾道のクロスを選択する。しかし、味方はおらず、相手にクリアされてしまう

  • 後半1分G大阪 エンブレムG大阪 

    ターンしたLダミアンを昌子が後方から引っ張ってしまい、警告の対象となる

  • 後半1分G大阪 エンブレムG大阪 

    昌子にイエローカード

  • 後半0分

    両チームともハーフタイムでの選手交代はなし

  • 後半0分

    G大阪ボールでキックオフ、後半開始

前半

  • 前半48分

    前半終了。2-1と、ホームの川崎Fのリードで試合を折り返す

  • 前半47分川崎F エンブレム川崎F 

    この時間はディフェンスラインで落ち着いてボールを回し、時計の針を進めている

  • 前半46分

    アディショナルタイムは2分の表示

  • 前半45分G大阪 エンブレムG大阪 

    柳澤がパトリックをターゲットにハーフウェーライン付近からペナルティエリア内に浮き球を送ると、その流れからこぼれ球を井手口が回収する。井手口はパトリックとワンツーをし、ペナルティエリア右から右足でシュートを放つ。しかし、わずかに枠の左に外れてしまう

  • 前半43分川崎F エンブレム川崎F 

    家長はパスの出しどころを探しながらドリブルで運ぶと、ペナルティエリア内へのカーブを掛けた浮き球を選択。しかし、味方にはつながらず、直接GKにキャッチされてしまう

  • 前半41分川崎F エンブレム川崎F 

    家長が時間を使いながらボールをキープすると、ペナルティエリア手前の右からペナルティエリア左に浮き球を送る。このボールに反応したのは前線に上がっていた脇坂。しかし、ボールを収められず、ボールはそのままゴールラインを割ってしまう

  • 前半39分G大阪 エンブレムG大阪 

    テンポよくパスをつないで内側にポジションを取っていた柳澤にボールが渡ると、柳澤はペナルティエリア左のスペースにパスを送る。しかし、相手にカットされてしまう

  • 前半37分川崎F エンブレム川崎F 

    脇坂が敵陣浅い位置から左に展開すると、受けたのはマルシーニョ。マルシーニョは細かいステップからカットインをすると、ペナルティエリア手前の左から右足を一せん。しかし、枠からそれてしまう

  • 前半35分川崎F エンブレム川崎F 

    相手が後方からパスを回す場合には、前線から積極的にプレスを掛け、相手にロングボール蹴らせることで、ボールを回収している

  • 前半34分川崎F エンブレム川崎F 

    前線の選手がプレスバックすることでボールを奪うシーンが見受けられる

  • 前半32分G大阪 エンブレムG大阪 

    この時間になり、わずかにボールを握れる時間が増えている

  • 前半31分G大阪 エンブレムG大阪 

    味方がうまくペナルティエリア中央でボールをキープし、後方にパスを送ると、反応したのは柳澤。柳澤は浮き球に対して左足で強烈なボレーシュートを放つ。しかし、わずかに枠の上に外れてしまう

  • 前半30分G大阪 エンブレムG大阪 

    キッカーの宇佐美は右足でニアサイドにインスイングのクロスを供給する。しかし、味方にはつながらず、相手にクリアされてしまう

  • 前半29分G大阪 エンブレムG大阪 

    左CKを獲得

  • 前半27分G大阪 エンブレムG大阪 

    奥野がペナルティエリア手前の左からペナルティエリア中央に浮き球を送ると、走り込んだのはパトリック。パトリックはフリーながらも、頭でわずかに触れず、ボールはそのままゴールラインを割ってしまう

  • 前半26分川崎F エンブレム川崎F 

    橘田がペナルティエリア手前の左でボールを受けると、右足を一せん。しかし、枠からそれてしまう

  • 前半25分川崎F エンブレム川崎F 

    橘田を中心に、好守の切り替えが早く、主導権を相手に握らせていない

  • 前半24分

    飲水タイムが終了し、プレーが再開される

  • 前半23分

    飲水タイムが設けられ、プレーが中断する

  • 前半22分川崎F エンブレム川崎F 

    1点を返された後も焦る様子はなく、チーム全体でボールを回し、チャンスを構築している

  • 前半20分G大阪 エンブレムG大阪 

    1点を返したことで、勢いが出ており、攻勢に回る時間が増えている

  • 前半17分G大阪 エンブレムG大阪 

    GOAL!GOAL!GOAL!ハーフウェーライン付近で味方がボールを奪うと、パトリックが縦パスを受けてヒールパスを選択。受けた宇佐美が長い距離をドリブルで運び、個人技で車屋、谷口を華麗にかわしてペナルティエリア中央に進入。最後はGKを手玉に取るようなループシュートを放ってネットを揺らす

  • 前半16分川崎F エンブレム川崎F 

    味方がクサビのパスを送ると、反応したのはLダミアン。Lダミアンはダイレクトで後方に落とすも、相手にカットされてしまう

  • 前半14分G大阪 エンブレムG大阪 

    ボールを奪取した後も、思うように前線にパスをつなげていない

  • 前半13分川崎F エンブレム川崎F 

    山根が流動的に動くことで、相手の守備網をかいくぐっている

  • 前半11分川崎F エンブレム川崎F 

    2点リードながらも、攻撃の手を緩めない

  • 前半9分川崎F エンブレム川崎F 

    GOAL!GOAL!GOAL!家長が右サイドの敵陣中央からファーサイドに浮き球を送ると、マルシーニョが頭でマイナスに折り返す。GKとDFがマルシーニョに食いついていたことでフリーになっていた旗手が、ゴール目の前から難しい体勢でヘディングシュートを放つと、これが左のポストに当たってネットを揺らし、追加点を挙げる

  • 前半7分川崎F エンブレム川崎F 

    今季のリーグ戦、先制に成功した試合は27試合。23勝4分け0敗で勝率は85.2%

  • 前半7分川崎F エンブレム川崎F 

    GOAL!GOAL!GOAL!マルシーニョがパスの出所を探りながらドリブルで運ぶと、ペナルティエリア手前の中央からペナルティエリア右に浮き球を送る。これに対して走り込んだ山根がダイレクトで中に折り返すと、反応したのはLダミアン。Lダミアンは右から来たボールに対して右足のヒールで合わせ、さい先よく先制に成功する

  • 前半6分川崎F エンブレム川崎F 

    マルシーニョが長い距離をドリブルで運び、Lダミアンへパスを送る。Lダミアンはペナルティエリア手前から右にパスを供給するも、至近距離で相手にカットされてしまう

  • 前半5分

    互いに球際では激しい攻防が繰り広げられている

  • 前半3分G大阪 エンブレムG大阪 

    立ち上がりは守備に回っている

  • 前半1分川崎F エンブレム川崎F 

    立ち上がりからボールを回し、チャンスをうかがっている

  • 前半0分

    川崎Fは谷口、G大阪は菅沼がキャプテンマークを巻く

  • 前半0分

    川崎Fの直近5試合は3勝1分け1敗。G大阪の直近5試合は3勝1分け1敗。両者の過去対戦成績は18勝7分け16敗とG大阪の勝ち越し

  • 前半0分G大阪 エンブレムG大阪 

    パトリックは直近5試合で5得点を記録

  • 前半0分川崎F エンブレム川崎F 

    Lダミアンは直近5試合で5得点を記録

  • 前半0分G大阪 エンブレムG大阪 

    昨季は2位で終えたが、今季は想定外の低迷。終始残留争いに巻き込まれる結果となり、不本意なシーズンを送った。今節の相手は難敵川崎F。対戦成績も直近の4試合全敗と、厳しい試合になることが予想される。来季に弾みをつけるためにも、今日は勝点3を狙いたい

  • 前半0分G大阪 エンブレムG大阪 

    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は4人。高尾、三浦、山本、倉田が外れ、柳澤、昌子、福田、奥野が入る。注目は菅沼。終盤戦に入り、スタメンに定着した31歳は、強力な攻撃陣を擁する川崎Fをシャットアウトできるか

  • 前半0分川崎F エンブレム川崎F 

    前節のC大阪戦は、数多くのチャンスを作り続け、難なく勝点3をゲット。王者たるゆえんを遺憾なく発揮して見せた。今日勝利を挙げれば勝点91という驚異的な数字となる。洗練された攻撃サッカーでピッチを支配し、リーグ戦ラストの本拠地での試合を白星で飾りたい

  • 前半0分川崎F エンブレム川崎F 

    予想フォーメーションは4-1-2-3。前節からのスタメン変更はなし。注目はLダミアン。今季リーグ戦で20得点を挙げており、得点ランキング1位の前田に1ゴール差まで迫っている。圧倒的な決定力を武器に、今節もネットを揺らせるか

  • 前半0分

    川崎Fボールでキックオフ、試合開始

トピックス

競技一覧

アプリアイコン

Jリーグ各クラブの最新情報はアプリで!

外観

競技一覧
トップへ戻る