dmenuスポーツ

J1 第4節

3月13日(土) 18:00 Kick off

ノエスタ

0 - 1

神戸

試合終了

名古屋

見どころ・戦評

記事提供:SOCCER DIGEST WEB

【警告】神戸=S・サンペール(84分) 名古屋=なし<br />
【退場】神戸=なし 名古屋=なし<br />
【MAN OF THE MATCH】稲垣祥(名古屋)


[J1リーグ4節] 神戸0-1名古屋/3月13日(土)/ノエビアスタジアム神戸

【チーム採点・寸評】
神戸 6
先発5人を入れ替えた神戸。前半はビルドアップに苦戦し、中盤でボールロストが目立った。失点も増山のパスミスからと苦い今季初黒星に。

【神戸|採点・寸評】
GK
1 前川黛也 6
13分に山口へのパスを稲垣に狙われてピンチに。19分の稲垣の決勝点は相手を褒めるべき。

DF 
23 山川哲史 6(64分OUT)
吉田、齋藤への守備に追われながら、36分と37分に連続でクロスを上げるなど攻撃面でも活躍。

25 大﨑玲央 6
30分頃に山崎のポストプレーを阻止するなど守備で身体を張った。一方でビルドアップでは周囲と合わない場面も。
 
4 トーマス・フェルマーレン 6.5
26分にG・シャビエルのミドルシュートをスライディングでブロック。ビルドアップでもほぼミスはなかった。

24 酒井高徳 6
マテウスとの1対1は迫力があった。だが、攻撃面では苦戦。後半は右SBで果敢に攻めたが実らなかった。

MF
5 山口 蛍 6
攻撃面では56分に左サイドを崩してチャンスを作るも、ゲームメイクでは相手プレスにやや苦戦。守備面は及第点。

7 郷家友太 6(84分OUT)
長澤にパスコースを消され、中継パスを受けられなかった印象。71分にドウグラスのクロスをニアで合わせた場面は惜しかった。

14 安井拓也 5.5(HT OUT)
31分の増山へのスルーパスなど光るプレーはあった。だが、中盤でのボールロスト多発はあまりいただけない。
 
FW
37 増山朝陽 5(64分OUT)
吉田の執拗な守備に苦戦。18分には吉田からボールを奪うが、その後に痛恨のパスミス。稲垣の決勝点を奪われた。

49 ドウグラス 6
エアバトルを含め、木本の厳しいマークに苦しんだ。存在感は放ったが、シュート0本で怖さには欠けた。

22 佐々木大樹 5.5(HT OUT)
マテウスへのプレスバックなど守備では貢献した。だが、ビルドアップ時のボールロストが目立ち前半で交代。
 
交代出場
MF
20 井上潮音 6.5(HT IN)
中間ポジションでうまくパスを受け、ゲームの流れを引き寄せた。52分には惜しいミドルシュートもあった。

MF
6 セルジ・サンペール 6(HT IN)
豊富な運動量で攻守の中継役に。チームにいいテンポをもたらした。それだけに84分のイエローカードが残念。

DF
19 初瀬 亮 6.5(64分IN)
山川と交代し、左SBへ。それに伴い酒井が右SBへ。高い位置を保ち、持ち味の攻撃力でアクセントを加えた。

FW
11 古橋亨梧 6(64分IN)
増山と交代し、そのまま右サイドハーフへ。積極的にCBへ仕掛ける嫌なプレーを見せたが、結局シュートは0本で終わった。

FW
9 藤本憲明 ―(84分IN)
郷家と交代し、2トップの一角に。91分には裏への抜け出しでCKを獲得するなど光るプレーも。出場時間が少なく採点はなし。

監督
三浦淳寛 6
ミスが散見された安井と佐々木を前半で見切るなど勝負に徹した。だが、相手の堅守を崩し切る策が足りなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 7
2試合連続となる稲垣の決勝ゴールを守り切り、名古屋らしいウノゼロ勝利。開幕4連勝というクラブのタイ記録を達成した。

【名古屋|選手採点】
GK
1 ランゲラック 6.5
52分の井上の強烈ミドルシュートをファインセーブ。大きなピンチもなく、1試合を通して安定したプレーを見せた。

DF 
6 宮原和也 6
マテウスとともに前半は酒井と佐々木を抑えて右サイドの主導権を握った。後半は攻撃参加がやや減った印象。

3 丸山祐市 6.5
トップの郷家にほとんど仕事をさせなかった。71分にはドウグラスのクロスに飛び込む郷家にもしっかり対応。
 
14 木本恭生 6.5
25分にはフェルマーレンからドウグラスへの鋭い縦パスに反応しシュートを打たせず。試合を通してドウグラスを苦しめた。

23 吉田 豊 6.5
攻守で勝利に大きく貢献。特に守備では献身的なプレスバックで増山のドリブルシュートやドウグラスの裏抜けを潰した。

MF
5 長澤和輝 6(77分OUT)
派手さはないがバランサーとしてチームを支えた。特に郷家へのパスコースを消し続け、相手に攻撃を作らせなかった。

MAN OF THE MATCH
15 稲垣 祥 7
中盤でのボール回収やゲームメイクは秀逸。18分には増山のパスミスを逃さず、見事なミドルシュートを決めてみせた。
 
FW
9 山崎凌吾 6.5(77分OUT)
2トップの一角に入り、前線で攻撃の起点に。献身的なチェイシングやプレスバックなど守備でも大きく貢献。

10 ガブリエル・シャビエル 6.5(59分OUT)
山口への厳しいマークで相手のリズムを崩し、攻撃では前線で躍動。54分にはドリブルから惜しいミドルシュートも。

16 マテウス 6.5(89分OUT)
スピードを活かした攻撃は相手の脅威に。守備でも最終ラインまでプレスバックするなど勝利に大きく貢献した。

19 齋藤 学 6(59分OUT)
42分に山﨑とのワンツーで抜け出す好プレーはあった。だが、守備意識が高いためか攻撃回数が少なかったのは残念。
 
交代出場
FW
8 柿谷曜一朗 6(59分IN)
G・シャビエルと交代。前線のプレス強度を高め、またキープ力を活かして時間を巧みに消費。1-0逃げ切りに貢献した。

FW
11 相馬勇紀 6(59分IN)
齋藤と交代し、左サイドハーフへ。柿谷とともにプレス強度を高め、79分には酒井からボールを奪って前田の決定機も演出。

FW
25 前田直輝 6(77分IN)
山崎と交代し前線へ。果敢なチェイシングで勝利に貢献した。79分の決定機を決めていれば、さらに高評価だったが……。

MF
2 米本拓司 6(77分IN)
長澤と交代し、そのままボランチへ。79分には井上へのファウルで相手にFKチャンスを与えるも、それ以外は及第点。

DF
4 中谷進之介 ―(89分IN)
マテウスと交代で入り、5バックの一角に。短い時間ながら神戸のパワープレーを跳ね返し続けた。

監督
マッシモ・フィッカデンティ 6.5
4−4−2のミラーゲームを仕掛けるなど策士ぶりを発揮。相手CBに執拗にプレスをかけてビルドアップを狂わせた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●白井邦彦(フリーライター)
 

SOCCER DIGEST WEB

トピックス

競技一覧

ドコモユーザーなら月額980円 ライブスポーツならDAZNで 初回31日間 無料
競技一覧
トップへ戻る